自己破産が不可能になることだってある

ショッピング枠現金化の利用を検討するには様々な理由がありますが、消費者金融業者からの借入が不可能であった場合や、すでに限度額いっぱいまで借入してしまった場合などがあります。

多重債務状態に陥って返済が不可能になってしまったときに、「まだショッピング枠がある」と考えて、現金化業者に依頼するというケースは多くあります。

さらに多重債務状態が解消しない場合には、自己破産や個人再生などの債務整理をするしかなくなります。

 

自己破産は一部の財産を残してすべてを失うことになりますが、すべての借金が帳消しになる方法です。

借金解決の最後の手段です。

ただ、これには免責不許可事由というのがあります。

これは自己破産を行うことで債権者が一方的に不利にならないように定められたものです。

たとえばギャンブルで作った借金は免責不許可事由あたります。

これにあたる事由があるとき、自己破産を行っても借金が残ることがあります。

 

この免責不許可事由のひとつとして、クレジットカードのショッピング枠現金化があります。

特に注意しなければならないのは、金券をクレジットカードで購入して、それを現金化した場合です。これは破産法に免責不許可事由として明記されています。現金化業者の利用は注意しましょう。