利用者にも罰則があるのはご存知ですか?

クレジットカードは信販会社の規約に反する行為に対して解約処分が下されます。

延滞の繰り返しや登録情報の虚偽報告などもありますが、不正利用も解約の対象です。

多くの信販会社ではショッピング枠現金化を禁止事項としています。

 

本人以外の利用も不正利用ですが、ショッピング枠で購入した商品を即時に販売して現金を得る行為は悪質とみなされ、発覚した時点で即解約になります。

 

クレジットカードを使ったショッピングでは、信販会社がいったんその代金を立替して、後日その金額を利用者が支払うという契約で成り立っています。

現金化は、利用者がその代金を信販会社に支払う前に行う行為です。

厳密に言うと、支払いが完了する前の商品の所有権は信販会社にあることになります。

支払いが完了していない商品は利用者のものではないため、ショッピング枠の現金化は勝手に他人の所有物を売ったことになります。

厳しく罰則を適用すると横領罪にあたります。また、ショッピング枠というのは買い物をするために設けた枠です。

 

それが契約ですので、それ以外の行為である現金化は契約違反であり、これも厳しく法律を適用すると詐欺にあたります。利用者が摘発されるということは非常に考えにくいですが、ある程度のリスクを負うことは自覚しておきましょう。